枚方市の歯科 中西歯科医院

中西歯科医院
大阪府枚方市宮之下町14-13

072-853-1500
中西歯科医院 price

当院では「できるだけ削らない、抜かない」治療を行うため、最新の医療機器、薬剤を採用し、
医師の技術向上のためさまざまな学会、講習への参加を精力的に行っております。

アクセス

中西歯科医院
〒573-0046
大阪府枚方市宮之下町14-13
TEL : 072-853-1500

診察日:月~土
時 間:9:30~13:00
    14:30~19:30
休診日:日・祝日

午前
午後 ×

木曜日・土曜日の午後、
日曜・祝日は休診
週中に祝日を挟む場合、
木曜日午後も診療しております。

お問い合わせはこちら

料金について

当院の自費診療に関する料金表です。
子どもの矯正治療については医療費控除の対象になります。
詳しくはこちらをご確認ください。
※料金は税抜きで表示しています。別途消費税が必要です。
詰め物
かぶせ物
オールセラミッククラウン ¥115,000
ブリッジの場合は1本あたり ¥110,000
メタルボンド ¥105,000
ハイブリッドセラミッククラウン ¥80,000
ハイブリッドセラミックオンレー ¥60,000
ハイブリッドセラミックインレー ¥45,000
ジルコニア ¥120,000~
ゴールドクラウン ¥80,000
ゴールドインレー ¥65,000
入れ歯 金属床義歯 ¥300,000
ノンクラスプデンチャー(金額はケースによる) ¥100,000~¥250,000
予防 3DSのリテーナー上下 ¥50,000
ホワイトニング ホームホワイトニング上下 ¥40,000
オフィスホワイトニング ¥30,000
フッ素塗布 ¥1,500
矯正 初回相談 無料
検査料 ¥15,000
診断料 ¥30,000
顎顔面矯正(1期治療)※1 検査料・診断料含む ¥350,000
歯列矯正※2 上:目立ちにくいセラミックブラケット ¥700,000~¥800,000
下:メタルブラケット
調整料 ¥4,000
目立ちにくいオールセラミックのブラケット(上下) ¥60,000
再装着装置代※3 別途相談
※1)乳歯の時期から永久歯が生えそろうまでの間に行う矯正治療に必要な装置の料金
※2)11歳以降で大人の歯並びと同様の状態
  第一期治療からの継続の場合は、¥350,000を割引します。
※3)成人式・結婚式などの記念日で、矯正治療中に一度装置を外すことは可能ですが、再び装置を装着する際の装置代として。

医療費控除について(国税庁HPより)

医療費控除とは?

自分自身や生計を共にする配偶者(夫・妻)、そのほか親族(両親)のために医療費を支払った場合、一定金額の所得控除を受けることができます。国税庁のホームページによると「医療費控除の対象となる医療費」として、「歯科医師による診療又は治療」の費用も、医療費控除の対象となります。
 
1年間(1月1日~12月31日)の間で、「自分自身と生計を共にする家族」の医療費が10万円を超えた場合、医療費控除を申請することで税金の還付を受けることができる可能性があります。

歯列矯正は医療費控除になるか?

歯列矯正を受ける人の年齢や、矯正の目的から向上対象かどうか判断されます。例えば、歯並びが悪いと、子どもの将来の成長や身体に悪影響を与えることがあります。そのため発育段階にある子どもの成長を邪魔しないよう、歯並びを整える不正咬合を目的とした歯列矯正は控除の対象になります。
 
同じ歯列矯正でも「見た目を良くする」審美的な要素が強いと判断された場合や、高価な材料を使い、一般的な支出の水準を著しく超えた治療と判断された場合は、医療費控除が認められません。

医療費控除の対象となる治療・費用とは?

現在、金やポーセレン(陶器・セラミック)は歯の治療材料として一般的に使用されているものなので、これらを使った治療費は控除の対象になります。
 
また自由診療における自費診療費のほかに、治療費に伴う通院費も医療費控除の対象になります。小さいお子さんの通院に付き添いが必要な場合は、付添い人の交通費も通院費に含まれます。診察券の通院記録は大切に保管をし、通院した日を確認できるようにしておきましょう。あわせてバス代や電車代など金額も記録しておくと申請しやすいです。
 
通院費として認められる範囲は、交通機関を利用した場合のみ。自家用車のガソリン代や駐車場代は対象外となりますので注意しましょう。
 
医療費控除についての情報は平成27年度10月10日時点の国税庁HPを参照に作成いたしました。最新情報や、申請方法などは各自で国税庁ホームページをご確認ください。

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)

No.1128 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例

各種ローンについて

当院では、歯科矯正など自費診療の治療費に関してデンタルローン、クレジットカードのお取扱いはいたしておりません。原則、現金での一括払いとなります。矯正治療の場合、長期間の通院、お手入れが必要になります。第一期、第二期治療の開始タイミングなどを考慮し、矯正費用の支払いについてご相談されたい方は、カウンセリングの際にご相談ください。